イングランドといえば、サッカーの母国として知られている地域です。 そのイングランドの中心都市であるロンドン、そのロンドンに本拠地をおくチームとしてあるのが、アーセナルというチームです。 アーセナルは現在、イングランドのサッカーリーグで強豪といわれておりますが、その立役者となったのが、フランス人監督の就任でした。 この監督は、積極的に若い人材を採用しました。 しかし、当時のイングランドには有望な若手がいなかったので、積極的に国外の若い人材を採用していきました。 試合によっては、スタメンの11人の中に一人もイングランド人がいない、という試合もあったほどです。 しかしこのチーム、最近は微妙に方向転換をしております。 これまで、移籍金を多く支払って選手を獲得することはせず、もっぱら選手の育成に力を入れておりました。 しかし今シーズン、50億円近い移籍金を支払い、ある選手を獲得しました。 その選手は瞬く間にフィットして、アーセナルのサッカーのレベルをひとつ上げたのです。